ベガスポッ!

ベガスポッ!を通したベガルタ仙台の魅力発信をしていきます。

【悔しいです】J1 第10節 ベガルタ仙台 VS 川崎フロンターレ

まだ試合から帰る帰路の途中により、スマホからなので稚拙なブログになりますが、御容赦ください。

 

GWとかないとスタジアム行けないサポーターですので、今日の等々力には足を運んできました。何度足を運んでも素晴らしいベガルタフロンターレの時だけの緩衝帯なし、通り抜けOKの信頼感。どんなチーム状況が悪かろうが、この伝統だけは未来永劫守り続けて欲しいです。

f:id:saimon-walker9:20190503212820j:image

f:id:saimon-walker9:20190503212826j:image

 

今日も応援頑張りたかったので、1階席で試合が全くわからないところで応援してきました。

DAZNも見返してませんので、試合について多く語ることはできません。奥行がわかりづらい2Dの世界で見てましたが、とにかくベガルタの選手が自信なさそうにプレーしているのが目立ちました。

攻撃の時は気持ちの入った縦パスか少なく、守備の時は相手と少し距離を置いて、ディレイを優先させる、これでは川崎からしたら怖くありません。今日出場した全員が勝つつもりでピッチにたっていたのでしょうか?残念ながら私にはそうは思えませんでした。

 

渡邊監督もそのような感想を述べています。

 

2019明治安田生命J1 第10節 川崎フロンターレ | ベガルタ仙台オフィシャルサイト

『ゲームの中でいうと、守備の部分で我々が一番やりたいことをなかなかやれなかった前半だったと思います。ただ、それはちょっと暑さもあって、コンディションの部分もおそらくあったでしょうし、後ろに重心がいってしまって、下がらざるを得なくなってしまったこと。本来、それは我々の選択肢としては最後なのですけれども、そこを強調してしまった部分があったのか、ちょっとその時間が長くなったが故に、押しこまれる時間が増えたというところが、実際にもったいなかったなと感じています。』

 

 

またプレビューでも書いていた川崎の守備に対しても渡邊監督はコメントをしています。川崎のプレスに対しては十分な準備はしてきたつもりだが、まだまだ実力が足りてないと。

 

 『まずは、そのおっしゃる前線のプレスがどういうシチュエーションのものなのかはわからないのですけれども、要は、我々が守備をしているところから攻撃に転じるときに、川崎Fさんのプレスに手を焼いたというものは、実際にあったと思います。ではそれを回避するための準備というものは、前線の2トップのところで2対2になっている状況も結構あったので、そこでやはり一回ひっくり返せれば状況も違っただろうし、ひとつおさまれば、また違った状況も作り出せたと思います。回数は少なかったですけれども、前半にもそういうシーンが実際にあって、通らなかったパスも、クオリティーさえ高めていけば裏を取れているという状況もベンチでは確認できていたので、見えているところは悪くないと思います。
 ただし、そのプレスを回避する術も我々は身につけなければいけないのですけれども、今日のゲームに関して言うと、そこで守る時間が長くなってしまったことの方が、私は問題だと思います。実際に、前で取れているのに、そこを選択してしまったところの方が、今日のゲームに関してはもったいなかったと思います。
 もちろん、川崎Fさんのプレスを外すトレーニングはしてきましたし、それがまだできていないのであれば、もっと高めるために、トレーニングを続けるしかありません。』

 

以上のようなコメントは渡邊監督がチームとして実力負けしたと言っているようなものです。悔しくて悔しくてたまらないと思います。

もちろん物議があったオフサイドのシーンなどいいたいところはあったと思いますが、言い訳にはしていません。

ただ試合後のTwitterを眺めていて残念だったのは、2点目のシーンはオフサイドではないか、誤審ではないかというツイートが多かったこと。仮にあのシーンがオフサイドだとしても、単純な足し算で負けています。またオフサイドだったら流れを変わっていたのではないか?という意見に対しても、大岩選手のゴールは0-3の状況だったからこそ生まれたゴールとも思えます。

もちろん公平なジャッジはして欲しいものですが、元々サッカーは運の要素も強いスポーツです。勝ち続けるチームはそんな要素もはねのけて勝っていきます。謙虚に真摯にサポーター業を務めていきましょう。

個人的には等々力で勝った経験は1度もありません。いつか勝ちたい、その瞬間に立ち会いたいと思って、サポーターは信じ続けるしかないんです。ただ、今回も現実は甘くはありませんでした。終わってから、少し黄昏てしまいましたが、ここでリーグ戦でリベンジするには、J1に生き残るしかありません

そのためにできるサポートは全力でやっていきたいと思いました。こうして、稚拙なブログにも関わらず読んで下さる皆様にも、ベガルタの試合を楽しんでもらえるように、わかりやすい内容を書いていきたい思います。

 

【プレビュー】J1 第10節 ベガルタ仙台 VS 川崎フロンターレ  ~ 強固な守備にビビるな、立ち向かえ! ~

それでは J1第10節 川崎フロンターレベガルタ仙台のプレビューです。

今回は川崎のホーム等々力競技場での試合になります。(私も行きます)

ベガルタとしてはガンバ大阪相手に久々の勝利で、ここから勢いに乗っていきたいところ。フロンターレとしては神戸にアウェイで勝ち、3連勝中です。

なんといっても9試合で5失点という強固な守備複数失点したのはマリノスのみということで、普通に考えて取れて1点というところかなと思います。

 

中4日での試合ですので、ベガルタが今節大幅なスタメン変更や奇策を立てることは考えにくく、同じような試合の入り方をしていくのではないかと考えています。そこでガンバ戦のように戦って、勝てる見込みはあるのかと考え、川崎対神戸を見返してみました。ケガ人の状況もあると思いますが、想像以上に川崎が守備のチームへと変貌を遂げていました。

 

続きを読む

【レビュー】J1 第9節 ベガルタ仙台 VS ガンバ大阪 ~実力と運,必然性と偶然性が垣間見えるこれぞサッカーの魅力~

Jリーグ第9節ベガルタ仙台ガンバ大阪のマッチレビューを始めていきたいと思います。

ここ最近ずっと負け続けてて、日常生活までモチベーションが下がり続ける中、今シーズン初めてユアスタに行きました。いつもDAZN観戦をしてるわけですが、こうしてスタジアムに足を運んだことで、違った見え方がありました。こうして自分の考えを書き残すことにより、自分がサッカーを見る力も養われてきたのかなと思います。

 

ここまでベガルタ仙台は1勝1分け6敗の勝ち点4(17位)ということで、非常に苦しい戦いが続いてます。今日のテーマでもありますが、サッカーはスポーツの中で一番、実力よりも運要素が強いスポーツと言われていま。それだけに相手の狙い通りの失点は減らしていかなければなりませんが、最近の試合では非常に増えてると思ってます。前節の鹿島戦はコーナー1本でやられてしまったわけですが、ある程度ベガルタのゾーンディフェンスを研究した結果のゴールでしょう。

 

一方ベガルタは崩してるのに最後決めきれない。確か7%という非常に低い決定率で、ある程度チャンスは作れているにもかかわらず、最後の決定力という実力が不足しているところと感じてます 。

 

システムを3-5-2から4-4-2に変えることは大きな変化ではなく、ウィークポイントをどう潰し、ストロングポイントをどう伸ばすか対策を行った上で、メンバーやシステム変更等の変化を加えて、毎試合望んでいるものと考えています。

 

今回の相手はガンバ大阪ですが、こちらも非常に苦しんでいました。昨シーズンは宮本監督就任(というよりはファンウィジョ復帰だと考えていますが。。)から調子を取り戻し、終盤は大型連勝をしていました。

 

今シーズンも戦力を残したままシーズンに臨んでいますが、いまいち調子が上がってきていませんでした。こちらも15位ということで、早い段階ではありますが、下位争いとしては負けられない一戦です。

 

続きを読む

【プレビュー】J1 第4節 ベガルタ仙台 VS 湘南ベルマーレ  ~ 3-4-3同士の戦いに勝利し、5連戦を終えよう!~

それでは J 1第4節湘南ベルマーレベガルタ仙台のプレビューです。

今回は湘南 BMW スタジアム平塚で行われます。

昨年はリーグ戦はホーム、アウェイともにベガルタ仙台が勝利。

ルヴァンカップの決勝トーナメントで当たった際には、アウェーで0対3で敗れ、ホームで3対1で勝てたものの、アウェイゴールの差で破れるという悔しい試合で、私もホームの試合は観に行ったのですが、悔しかったです。

結果的に湘南がルヴァンカップ優勝するという一番悔しい形になりましたので、今年ルヴァンカップもう出だし好調ですが、しっかり壁を越えていくというところはチームとしての成長を伺えるところですので、ルヴァンもしっかり戦ってほしいですね。

続きを読む

[徹底討論]三田選手へのブーイング問題について

先日のヴィッセル戦でも三田選手へのブーイングについて賛否両論ありましたが、難しい話題と感じています。

f:id:saimon-walker9:20190313074242j:image


これまでも、ベガルタを去った選手はいくらでもいますし、いろんな形で他チームに移籍し、対戦相手として、ユアスタに帰ってきたりということはたくさんあったと思います。


例えば、佐藤寿人選手なんかは、ベガルタで才能開花させてすぐサンフレッチェ広島に引き抜かれました。今でもユアスタに帰ってくる時には往年のヒーローのかのような扱いを受けます。

 

f:id:saimon-walker9:20190312163832j:image
J2からJ1の移籍ということもあったかもしれませんが、佐藤選手はレンタル移籍から完全移籍してきた翌年に、サンフレッチェ広島に移籍する、三田選手と同じようなパターンでした。


また、J1に上がってからも関口選手や武藤選手浦和レッズに移籍しました。武藤選手に対してもブーイングへの反応も別れていたと思います。個人的にはベガルタで才能を開花させてあげられなかった分、浦和レッズでの頑張りは応援してあげたくなりました。浦和レッズとの試合の後には必ずベガルタ側にも挨拶きてくれるので、素晴らしい人間性を感じます。

f:id:saimon-walker9:20190312163849j:image


三田選手に戻りますと、ベガルタが自分達のサッカーを身につけ始めたタイミングで、中心であった三田選手が抜かれてしまったと言うことは、ベガルタにとったら大ダメージですし、完全移籍してきて、翌年にまさか移籍するとは誰も思ってなかったと思います。三田選手はボランチとしてボールの供給に回ったり、激しい守備、そしてミドルシュートフリーキックなど魅力的なプレーを連発してくれました。

昨年もう一歩前に進めなかった要因として、三田選手が果たしていた役割のうち、キッカーとミドルシューターの役割を埋める選手が現れなかったからだと思います。

f:id:saimon-walker9:20190312163857j:image

ただ一個人として考えた時に、ベガルタのサラリーの何倍かもらうチームに移籍するというのは、いざ自分に置き換えた時にごく自然なことなんじゃないかなと感じています。

個人的には相手へのブーイングにエネルギー使うぐらいだったら、自分のチームへの声援にエネルギー使った方がいいと考えています。


ブーイングをやっちゃダメだとか、なんでブーイングやらないんだっていうような議論よりも引き抜かれるベガルタ側に問題があると考えていきたいです。


ベガルタ仙台は非常に魅力的なクラブです、最高のスタジアムを持っていますし、最高のチャントやサポーターもいます。

仙台という街も非常に過ごしやすく、選手にとっても悪い環境はないと思います。ただ一つ自分の市場価値分のサラリーをもらえない、その問題が大半ではないでしょうか?


なぜベガルタが選手に見合ったサラリーが払えないかはまた今度にしたいと思いますが、ブーイング問題についてはいかがでしょう?
みなさんの意見を伺えればと思います。

【レビュー】J1 第3節 ベガルタ仙台 VS ヴィッセル神戸 ~ベガルタが前半11分までに魅了した4つの攻撃的作戦とは~

第三節ベガルタ仙台ヴィッセル神戸のレビューを行っていきたいと思います。

まずは復興記念マッチということで、毎年にはなりますが、こうしてサッカーが当たり前にあることを感謝しなければいけないなと思っています。

ベガッ太ブログが素晴らしい内容だったので、共有させていただきます。

ベガルタ仙台ベガッ太BLOG



さて早速試合に入っていきますが、ベガルタのフォーメーションは3-4-3の開幕戦と同じようなスタメンでして、前節からの変更点で言うと、関口選手に代わり、石原崇兆選手 またトップにジャーメイン選手 が入り、シャドーに石原直樹選手,阿部拓馬選手が入るというスタメンになりました。

 

続きを読む

【簡易レビュー】J1 第3節 ベガルタ仙台 VS ヴィッセル神戸

今日もベガルタは1-3で勝てず...

しかし満員のユアスタは素晴らしいものでした。悔しいですが三木谷社長にも感謝しなければなりません。

苦手としていたセットプレーでシマオマテ選手が身体の強さを見せ付けたヘディングで先制したものの、山口蛍選手、イニエスタ選手、古橋選手の見事な連携でのゴール、後半早々のビジャ選手のゴールにダメ押しのオウンゴールで結果内容ともに完敗でした。

 

ただ渡邉監督にしては思い切った(吹っ切れた?)選手起用で、石原崇兆選手や阿部選手、ジャーメイン選手がスタメンでルヴァンカップのいい流れで攻撃ができていたと思います。

ここについては神戸もまだまだ連携が整っておらず、付け入る隙があったということかなと思います。だからこそいくつかあったビッグチャンスは決めないと、このような試合は物に出来ないのです。

数々のピンチもありましたが、シュミットダニエル選手は見事なセーブ連発でした。あと3点は入ってなくてもしょうがなかったでしょう。

三田選手へのブーイング等も議論に上がってましたが、その辺も詳細レビューで語りたいと思います。